FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

逆海老縛り

 【23//2006】

逆海老縛り01

後ろ手に縛った状態で、両足を揃えて縛り、そこから縄を出し上半身を縛った縄に通し身体を反らすように縄を絞っていく縛り方を、一般的に逆海老縛り(ホッグタイともいう)と言う。身体を大きく反らすように厳しく絞り上げて縛ると拷問的な苦しさになるが、軽く反らす程度でベットなどの柔らかなところで行う場合ならある程度の時間は女性側から苦痛を訴えてくることはほとんどない。またこの女性の場合は、厳重に逆海老に縛られて、さらに目隠し、猿轡をされた状態でモゴモゴとしながらもがいていることが大好きと言っていました。
スポンサーサイト
[PR]

Category: 緊縛

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (15) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

ponkichi様、またまた以前の作品のコメントお許しください。この逆海老縛りは、かなり苦しそうにお見受けするのですが。私もこのように縛られたことはございません。やはり女性の方がからだが柔らかいので、この手の拷問的な縛りに向いているのでしょうか。

これは水着ですが、そのほかに、制服、体操服とそれぞれに魅力がありますね。胡坐縛りの恥ずかしさは、初めてponkichi様に教えていただきましたが、この逆海老も羞恥心を煽る縛りなのでしょうか。

縄の食い込みもきつそうですが・・?それでもB子さんの様子からみると、放置される辛さより、喜びが勝るのでしょうね。Mの醍醐味・・ですね。私も、こうやって縛られてみたい・・・・私の希望は・・・手錠とのコラボ・・ヒンジ式などいかがでしょうか?締まってしまうでしょうか?

Posted at 18:44:15 2010/08/15 by 万砂子

Comments

万砂子さん、いつもありがとうございます。
男性に比べると女性の方が身体の柔らかいことが多いですよね。
この逆海老縛りも拷問用の縛りなので厳しそうに見えるかもしれませんが、画像の時の縛りは彼女にとってはそれほど厳しい感じでは無かったと思います。彼女は縛られた状態でもがいたりするのが好きなのでいつも多少は余裕も持たして縛るようにはしています。
またこの逆海老縛りは、脚を閉じて縛ってあるので胡座縛りほど羞恥心を煽るような縛りではないですね。これを開脚棒などを使って脚を開いた状態でこのように縛るとかなり恥ずかしいとは思いますよ。
手錠とのコラボですが、手錠と脚を縛る縄を繋いでしまうとかなり危険かも知れないですね。脚の力はかなり強いので腕を後ろ手に伸ばした状態で手錠をはめて、手錠を引っ張るように縄をかけて逆海老にしてしまうと手の甲や親指の付け根付近?というか多分ご理解いただけるとは思いますが、その辺りにかなり食い込んで痛いでは済まないと思いますよ。
なのでもし手錠を使用する場合は手錠は手首だけの拘束で、胸縄などをしてそこに脚からの縄を固定して逆海老にした方が良いと思いますよ。もちろんダブルロックは必ずしたほうが良いですよ!

Posted at 02:31:43 2010/08/16 by Ponkichi

Comments

それぞれのM女さんの個性・好みを細かく理解されての縛りが、お相手の心を掴まないはずはないですね。B子さんもきっと、ギリギリの最小限に遊びを作ってある縛りの中で、もがく喜びを味わっていらっしゃったのでしょう。もがくことで、多少のゆとりがある縄も、がらりと表情を変えることは未経験の私でも十分理解できますから。縄同士の微妙な連動によって、一方の苦痛を和らげようとすると、他方が締まってしまう。Mはその喜びをいったん味わうと、二度と忘れられません。たった一度の経験だけで。B子さんもきっとそうではないでしょうか。

それと・・・開脚棒・・・そんな戒めがあったのですね。女性にとってはかなり羞恥心を煽るでしょうね。足錠は脚が限界以上は開かないようになる辱めによって、戒める戒具であるのに。やはり責めの奥は深いということですね。逆に閉じることの出来ない恥ずかしさも存在するわけですね。Mにとっては・・嬉しいこと・・

手錠のこと、適切なご助言を頂戴しまして感謝します。腕を後に回して伸びきった状態で、手錠を施し、引っ張る形に拘束することがかなり危険であるということですね。確かに、その状態には余裕というか、遊びがないですし、脚の力は思った以上に大きいですからね。手首には過大な負担が掛かることは私にも分かりました。特に、手の甲側と、当然親指の受け根の食い込みは尋常ではないことも、神経を痛めた経験を持つ私には分かります。ただ、ややもすると、Mの私は、その苦痛を求めてしまうことがあるのです。先日、ponkichi様がご指摘された、世界に入ってしまう・・ということですね。気をつけます。

今こうしてお返事していてよからぬこと?を考えています。それは・・・胡坐縛りを施して(自縛ですのでもちろん真似事ですが・・)そしてその体勢で、最後に後ろ手に手錠を嵌めてしまうことです。そして放置される喜びを味わいたい・・・いかがでしょうか?手錠はできればヒンジ式を使用して、精神的にも外しにくい焦りを味わいたいのです。ヒンジ式は後ろ手にすると拘束力が強いことは十分承知の上ですが・・・もちろん、鍵穴は身体側に向けておくつもりです。その方向でいいのですね?かなりきついでしょうか・・・?

やはりB子さんの喜びの表情を拝見すると、自分でも気持ちを抑えられなくて・・

Posted at 10:31:12 2010/08/17 by 万砂子

Comments

万砂子さんのおっしゃる通り、縄による緊縛の良いところはやっぱりこの縄同士の連動ではないでしょうか。縛り方のもよりますが手首を下げれば胸縄が締まり、上げれば股縄が食い込んできたりといろいろなところが連動するところが良いですよね。

手錠での自縛胡座縛りですが、まず自分で胡座縛りをするとき足首を縛った縄をどこにかけるかという問題があります。一番簡単なのが足首の縄を首の後ろを廻して足首に戻して絞るやり方ですが、これは首を痛める危険性が非常に高く縄痕も残りやすいです。短時間であれば犬用の少し幅のある首輪をしてリードを繋げるところに縄を通して引き絞るのが良いかもしれませんね。
その他としては胸縄を施して肩から背中に縄を通して縄を足首に戻して縛る方法。これも季節柄首から肩付近に縄痕が残るかも知れないので要注意ですね。
あとはお腹廻りを縛って足首の縄と繋ぐ洋風な胡座縛りの方法もありますが、これはあまり身体を前屈みすることは出来ませんが一番安全かもしれませんね。
胡座縛りで手錠を使用するということなので鍵はなるべく近くに、もしくは手に持っていた方が良いかも知れないですね。あと最初は目隠しも止めておいた方が良いですよ。
ヒンジ式手錠を使用するのであれば、鍵穴は手のひらの方向な必ず向けて下さい。
くれぐれも手首側には向けないように!後ろ手錠にする前にまず片手に手錠をはめて確認して方が良いですよ。いきなり両手にはめて反対だったら取り返しつかないですからね。

Posted at 01:58:12 2010/08/20 by Ponkichi

Comments

『縄同士の連動』・・・素敵な言葉ですね。手首を上げれば胸縄が、下げれば股縄が食い込む・・拘束された人はその事実に身動きする自由すら奪われていることを知り、観念するのですね。
ponkichi様、手錠での自縛胡坐縛り・・たくさんアイデアを教えてくださり、ありがとうございます。ドキドキしながら読ませていただきました。まるで、ponkichi様に縛っていただけたような気がします。感激です!いろいろ迷います・・でも、一番やってみたいのは、最初の方法・・足首の縄を犬用の首輪のリードをつなぐ輪に通して引き絞る方法・・これでさせていただこうと思います。足首の縄を首輪に通してからどの程度引き絞るのか・・その瞬間、自分の世界に入ってしまいそうで怖いです。
手錠はヒンジ式を使いますが、鍵穴のことは十分に注意します。それと鍵はやっぱり最初は手に持ったほうがいいかもしれませんね。以前、鍵が探せなくて焦った経験もあります。手錠は喜びも大きい分、怖さも大きいですものね。注意しますね。目隠しはなしにします。それと、一番大事なこと・・鍵穴の位置は最初に片手錠の段階でチェックして一度外してみます。大丈夫だったら・・・いよいよ・・・ですね。ガチャリと容赦なく嵌めるつもりです。
縄の痕のことまで気にかけてくだるなんて・・ponkichi様の優しさですね。きっとモデルさん達も安心の中で、厳しい縄目を存分に味わっていらっしゃるのでしょう。Ponkichi様のご指導の下で自縛できるのが嬉しいです。ありがとうございます。

Posted at 10:59:06 2010/08/20 by 万砂子

Comments

万砂子さん、自縛としては首輪を使用しての胡座縛りが一番安全かもしれませんね。ただ犬用の首輪を使用する場合は、私は今のところ経験無いのですが、首輪によってはノミ関係などの薬品が付いていることがあるらしく肌荒れの原因になるかもしれませんのでお気をつけ下さいね。
手錠はヒンジ式を利用されるということですが、鍵穴の位置には十分気を付けていただき、自縛では難しいかもしれませんが出来れば片手だけでもダブルロックをしておくことをオススメします。
何度かトライして確実に拘束を解けるようであれば、もう少し拘束力を高める方法としては首輪と手錠を繋ぐ方法があります。犬用の首輪はリードを繋ぐリングは一つしかないので、胡座縛りにしているとリングは使えませんが、紐やゴムもしくはナスカンと鎖等で首輪に繋ぎ背中側に手錠を吊るすように固定します。ヒンジ式手錠だとインシュロックなど使うと良いかもしれませんね。ただあまり背中の高い位置で固定すると解錠するのが困難になるかもしれないので気を付けて下さい。
きっと目隠しや猿轡といろいろ拘束を追加していきギリギリのところを楽しみたくなるとは思いますが、あくまでも自縛なので自力で解けなければ大変なことになってしまいます。
これは危ないなと思ったら一度冷静になり必ず踏みとどまって下さいね!

Posted at 02:41:58 2010/08/21 by Ponkichi

Comments

ponkichi様、ついに自縛しちゃいました!お教えいただいたように、首輪を使用しました。ホームセンターで首輪を買うときはもうドキドキでした。胡坐の姿勢でまず足首を縛り、その縄を首輪のリードのリングに入れて引き絞った瞬間・・こんなに苦しいものなのですね。お写真を拝見するときには、緊縛美・・その美しさだけがクローズアップされるのですが、実際に自分の肌に縄が掛かり、ギュッと引くことで、縄が生き物のように肌に食い込みます。そしてその姿勢の苦しいこと。縄尻を固定すると、私だけの簡易自縛!それでもこれはponkichi様のお教えなのと思うだけで、その苦しさをいつまでも我慢して、いつまでも味わっていたい気持ちに・・

そしていよいよ手錠・・まずは片方の手首に嵌めました。鍵穴を慎重にチェックしました。そして少しゆるい目に。次にもう片方を。そのときの緊張感はすごかったです。少しゆるい目に。そしてここで一旦、はずせるかどうか、チェック。ちゃんと外せました。

そしてもう一度、手錠を・・今度はしっかりと手首に食い込むように。もう片方。最初は少しゆるめに・・そして一気に手首に食い込ませました。だって、これがしたかったのですもの・・手首が痛い・・・強く嵌めすぎました。試しにもがいてみました。手首を動かしてみました。『カチッ』という乾いた音と共に、手錠が締まってしまい・・手錠の痛さが嬉しい。

ponkichi様、あのままいつまでも放置してもらいたかったですが・・30分程であまりの姿勢の苦しさと手首の痛さに自縛を終えました。でも・・もう病み付きみたいです。ponkichi様、ご指導ありがとうございました。これからもまたご相談に乗ってください。

あと、首輪の裏側へ手錠を装着すること・・今度はこれをやってみます。これはponkichi様の手錠ですものね♪

Posted at 10:06:44 2010/08/21 by 万砂子

Comments

万砂子さん、早速自縛を楽しまれたのですね。
ホームセンターなどで首輪とかいろいろ拘束に使えそうな物を購入する時は何故かちょっとドキドキしちゃいますよね。きっとレジの人はそんなこと全く気にしていないはずなのですがね(^_^;)
首輪を使っての胡座縛りは想像以上に苦しかったようですね。直接首を引っ張られる分、負担が大きいかもしれないですね。
画像で見る胡座縛りの美しさとは裏腹に縛られている側は苦しさに耐えなければいけない・・・でもこの苦しさに耐えている姿が緊縛美を生んでいると思いますよ。
30分も胡座縛りで拘束されていたのですね。胡座での前屈みの角度にもよりますが、自縛で解く余力を考えると20~30分が限界かも知れないですね。胡座の角度を厳しくすると10分と持たないかもしれないですね。
手錠の鍵穴は何回チェックしても締める瞬間は緊張するでしょうね。でもこれから自縛する時は慎重にチェックだけは怠らないようにしてくださいね。あとやっぱり拘束感を求めて締めすぎてしまうようなのでその辺りも注意した方がいいですよ。手首を傷めないようにサポーターとかをはめた方が良いかもしれないですね。
首輪と手錠を連結するのは一段と拘束力があると思いますが、鍵を下に落としたりすると取るのが大変かもしれないので気をつけて下さいね。

Posted at 01:55:29 2010/08/23 by Ponkichi

Comments

ホームセンターのレジでは言われるとおり、なんで?というくらいに意識してしまいました。Ponkichi様も経験者ですね(笑)?初自縛は、ponkichi様のご指導のおかげで、無事に終えることが出来ましたが、経験した苦しさは私たちMにとっては醍醐味ですから。角度によってきつさが変わりました。きっと拷問では最大限につらくなるようにギリギリと縛り上げられるんでしょうね。

緊縛美と対照的なこの苦しみも経験できたのですが、『苦しさに耐えている姿が緊縛美を生んでいる。』なんて素敵なお言葉でしょう。縄を愛され、M女性を愛されてきたponkichi様だからこそのお言葉ですね。感激しました。私の座右の銘にさせてください。

Ponkichi様に直接ご指導いただける幸せを感じています。手錠の鍵穴は再三チェックいたします。それに手錠の締めすぎ・・・これもしっかりとお見通しなのですね。手錠を閉める瞬間は緊張しますが、その裏返しでしょうか、今度は拘束感を求めて締めてしまいたい・・その欲求を抑えられないのです。サポーターの使用も考えます。だってponkichi様の言われたことは守りたいです♪

次回は首輪と手錠を連結してみます。首の後ろでいいのですね?実はナスカンとインシュロックを先日購入しましたので、もしできましたら・・・どちらを使うか、ponkichi様に決めていただくことは贅沢でしょうか・・?あと、つなぎ方とか、注意点がございましたらお教えください。ヒンジ式手錠を再度使用しようと思います。これほど高い位置での手錠は初めてですので、不安でいっぱいです。でもその分、ドキドキします。

Posted at 15:02:14 2010/08/23 by 万砂子

Comments

昔、初めてプレイ用にと思って首輪を買ったときは確かにドキドキしましたね!

座右の銘だなんてそんな大げさにされると照れちゃいますよ^_^;

サポーターは結構効果があると思うのでぜひ使用してみてください。
首輪と手錠の連結ですが、ちょっと私の説明不足だったかも知れないのですが、首輪と手錠を首の後ろで直接繋ぐ(首を抱えこむような格好)のではなく、自然な形で後ろ手に手錠をしたような状態で首輪と手錠をナスカンやインシュロック、チェーンなどを使って固定する方法です。具体的には首輪の後ろ側にナスカンで繋ぎチェーンか紐を20センチぐらい(身体の固さで長さは調整してください)ぶら下げそこにヒンジ式手錠のセンター部分にインシュロックを繋いで手錠も背中にぶら下げる感じになります。そこで手錠をはめる形になります。ナスカンから手錠までの連結は最初に作っておいたほうが良いかもしれないですね。これも鍵穴の方向には十分注意して下さい。鍵も手に握っていた方が良いかもしれませんね。
危険な部分もあると思うのであまり高い位置で固定しないようにして下さいね。
余裕を持って自縛を楽しんでくださいね!

Posted at 01:53:00 2010/08/24 by Ponkichi

Comments

Ponkichi様、ご助言ありがとうございます。勘違いをしっかりと把握してくださるなんて、本当にありがとうございます。細かい目でちゃんと見ててくださるんですね。彼女たちがponkichi様に夢中になる一端が分かった気がします・・いえ、はっきり分かりました。私がもし、女性なら、もうponkichi様のところに押しかけているかもしれませんね(笑)!

実は、ちょっと試してみたんです、もちろん勘違いのままで。首を抱きこむことで、拘束感は前回とは比べ物にはならないほどにきついものでした。それに、あの姿勢だと、背骨がギシギシ鳴るのではないか・・というほどに背筋が伸びきるせいでしょうか・・・背中に痛みが走りました。汗は滴り落ち、手首はサポーターがなければかなり食い込んだでしょう。結局は10分ほどしか我慢できませんでした。でも、ponkichi様、勘違いのおかげで、プチ拷問?を体験できたようです。

でも今晩は、きちんとした方法でお教えの通りに自縛します。ナスカンとインシュロック両方買っておいてよかったです。もう今からドキドキします。同じような縛り・・また機会がございましたら、ponkichi様の愛奴様で、その美しさを公開していただければ幸いです。女性の美しさ・・お勉強させてください。

Posted at 10:08:56 2010/08/24 by 万砂子

Comments

ponkichi様、お教えどおりに手錠を首輪に繋いでの、胡坐縛りを体験させていただきました。ponkichi様のご指示通りにナスカンとインシュロックを使って・・手錠が背中にぶら下がるようにできました。あ、それと、連結部分はチェーンにしました。冷たさが嬉しいと思いましたから。

一度、試しに手首を片方嵌めてみました。かなり高い位置にしてしまったみたい。うーん、耐えてみたい・・でも『余裕を持って』とご助言いただいてますから、少しチェーンの長さを伸ばして・・・再挑戦!今度は少し高いかな・・?というくらいで、ちょうど苦しさが嬉しいほど。

足首の戒めから始めて・・・首を固定すると本気モード!苦しい・・
いよいよ手錠・・!チェーンと手錠の音が嬉しい・・鍵穴を注意して、もう今回は最初から思いっきり締め上げちゃったんです。でもサポーターしてますから。同じくもう片方・・・いつもながら両手錠になる瞬間って、ドキドキします。ジャリッ!という乾いた音!幸せな瞬間。

息さえ苦しい。ちえ様もB子様も同じなのかしら・・?お二人のことが頭に。このままずっとずっと耐えて居たい。限界が来るのが悔しい。

ponkichi様、最高でした。こんどいつか、私と同じ責めをちえ様かB子様が受ける機会があれば・・そう思う万砂子でした。ponkichi様、ありがとうございました。今度は・・サポーターなしで、またやってみようかしら・・・?



Posted at 13:27:32 2010/08/25 by 万砂子

Comments

万砂子さん、勘違いの拘束方法も少し楽しまれたのですね!
後ろ手錠の高さは少し高い方が拘束感は大きいと思いますが、自縛ということとヒンジ式手錠を考えると余裕があったほうがいいと思います。普通のチェーンで繋がっている手錠なら少し高い位置でも何とか開錠出来るのではないでしょうか?
縄の軋む音も好きなのですが、金属がガチャガチャと当たる音や手錠を締めていく時の音などもとても良いですよね!
サポーター無しはちょっと危険だと思うので止めておいた方がよいとおもいます。季節柄長袖の服を着るわけにもいかないので手首とかに跡が残ってはいろいろと支障が出るのではないでしょうか?
それとやっぱり手錠の締めすぎには注意してくださいね(^^)

Posted at 03:12:33 2010/08/26 by Ponkichi

Comments

ponkichi様、仰るとおりに、必ずサポーターは付けますね。こうして適切にご指示くださるponkichi様は、やっぱり素敵です。

あと、ヒンジ式でないチェーンタイプの手錠で、もう少し高い位置でやってみます。お教えくださってありがとうございます。本当に今回はいろいろとありがとうございました。また自縛しやすいポーズとかありましたら、ご指導くださいますように、お願いいたします。

本当にありがとうございました。

Posted at 18:14:10 2010/08/26 by 万砂子

Comments

万砂子さん、また画像とか見て良いのがありましたら言ってくださいね。自縛しやすい方法を考えさしていただきますので。

Posted at 02:57:28 2010/08/27 by Ponkichi

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks