FC2ブログ
2006 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2006 11

メイド拘束④

 【31//2006】

022

今ではメイドカフェというのは一般的になってきていますが、もっと凝ったものがあってもいいのではないかと思うのです。まぁここからは私の願望というかあったらいいのにな~と想っていることですが、例えば、「拘束メイドカフェ」というものがあってもいいのではないかと思う。通常のメイドカフェのような感じだけど、メニューにオプションのようなものがあり、手枷、口枷を選べばメイドさんが手枷、口枷をはめて食事を持ってきてくれたりする。後ろ手緊縛などもあったりして、その場合はよく欧米のボンデージ画像でみる首からぶら下げるトレイ等を使用するのはどうだろうか。もちろんお客さんがメイドに触るのは禁止にしなければいけないですよね。拘束されていては抵抗出来ませんから。こんなメイドカフェあったら意外と流行るかもしれないですよね。拘束されてみたいと思っているM女性予備軍も喜んで働いてくれるかも。
メイドカフェのオーナーとかでこんなカフェやってくれる人いないかな~?

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Category: 緊縛

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

メイド拘束③

 【30//2006】

021

このように吊りの設備がなくても、脚を滑らないように固定し、上半身をしっかりと縛りそこから縄を出し身体をある程度傾けた状態て固定すると上半身を軽く吊られたような感触を楽しめます。この状態で自分の力だけで身体を起こすことは不可能になります。

Category: 緊縛

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

メイド拘束②

 【29//2006】

020

メイドというと「ご主人様」と言う言葉が連想できるようにSMプレイが想像できてしまう。だからなのかメイド姿でこのように拘束されていてもなぜかあまり違和感を感じないのは私だけなのでしょうか?

Category: 緊縛

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

メイド拘束

 【28//2006】

019

メイドさんを拘束!
と言っても本物のメイドでもメイドカフェの店員さんでもない。ただのコスプレである。彼女は背が低く童顔なかんじなのでスクール系のコスプレがよく似合うがメイド姿もとてもよく似合う。

Category: 革拘束具

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (1) | トップへ戻る

口枷③

 【27//2006】

018

この口枷は一般的にバイトギャグと言われている。見た目はかなり被虐的で厳しそうに見えるが、直径約2、7㎝でボールギャグの2/3程度の太さの革巻き棒を前歯でしっかりとくわえ込むことができ、舌を押さえる程口の中には入らない為、他の口枷に比べて比較的楽な口枷である。そのせいかバイトギャグを嫌う女性はほとんどいません。

Category: 猿轡

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

口枷②

 【26//2006】

口枷05

この革製の口枷は、一見口を覆っているだけに見えますが、
口枷06

画像のように口元の部分に大きめの柔らかな突起があり、これをしっかりとくわえ込んで舌を押さえこまれているので喋ることは出来ません。見た目以上に厳しい口枷である。

Category: 猿轡

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

脚縛り

 【26//2006】

015

着衣緊縛を好む女性は、足もしっかりと縛られることも好きであることが多い。手足を縛られることで逃げる術が無くなり囚われの少女、お姫様を想像しているのでしょうか?

Category: 緊縛

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アームバインダー

 【25//2006】

アームバインダー

一般的な革拘束具の中で一番ハードな拘束感を得られのがこのアームバインダ(アームレスとも言う)ではないでしょうか。指先から二の腕まですっぽりと覆いベルトと編み上げ紐で手首から腕を締め上げる。そして二本のベルトをクロスさせながら背中から肩、胸を通し引っ張り上げることにより腕がしっかりと固定される。袋の先端にはリングが付いているので縄や連結具合を使って固定したり足枷などに繋ぐことができる。正しく装着されると女性が自らの力でこの拘束から逃れるのはほぼ不可能になります。各部がしっかりと固定されるので身体の硬い
女性にはきつい拘束具である。

Category: 革拘束具

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

革拘束具

 【25//2006】

013

この革製の全身拘束具は、本当の使用方法はオッパイを絞り出すようにして裸体全体にベルトを這わすように装着するのが正しいのだろうが、この体操着&ブルマで拘束するというミスマ
ッチ感が好きである。

Category: 革拘束具

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

手拭い猿轡その2

 【24//2006】


手拭いによる猿轡は、そのまま口に咬ませたり覆うだけではある程度喋ることが出来、猿轡としての効果はあまりない。手拭いの中央を結んでコブを作りそのコブをしっかりと口に咬ませる。コブを大きくすることによりボールギャグと同じ効果があり舌の動きを制限し喋ることが困難になる。コブを作っても緩く噛ますだけではあまり効果はないが、画像のように厳しくしっかりと咬ますとほとんど言葉を発することは出来なくなる。さらに厳しくするには口の中に布などを詰めそのうえから猿轡を咬まし、さらに咬ました猿轡を押さえるように手拭いにて口を覆う。ここまでされると声を発することまで抑えられてしまう。しかし鼻づまりなどある場合窒息の恐れもあるので充分気をつけてなければいけない。まぁプレイとしておこなう場合ここまで厳重にする必要はないとおもいますが。

Category: 猿轡

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

手拭い猿轡

 【24//2006】


手ぬぐいによる猿轡の場合、ボールギャグや開口具にくらべ歯や顎にかかる負担が少なく、またしっかりと手ぬぐいに唾液が染み込みよだれを垂らすことはないが、ボールギャグや開口具等を噛まされた時の口内やのどの渇きなどがなく、長時間噛ましたままでも不快を訴える女性はあまりいない。

Category: 猿轡

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

 【23//2006】


ボールギャグの魅力の一つによだれがある。ボールギャグを咬まされると唾を飲み込むのが困難になり時間だ経つにつれて口元からよだれが垂れてくることがある。ボールギャグを咬まされている女性はこの滴れ落ちるよだれをどうすることも出来ないのである。この恥ずかしい状況をじっと耐えている姿や初めてのボールギャグでよだれが垂れるなんて想像していなかった時の女性などの姿が魅力的な部分である。
でもこれは好きな人でないと理解出来ないかもしれませんね(>_<)

Category: 猿轡

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ボールギャグ

 【22//2006】


ボールギャグを初めてされる女性は、ボールギャグをくわえ込ました直後に笑いだすことがある。昔、素人もののようなAVなどでボールギャグを咬まされた直後に笑っているような映像を見た事があったが、私はやらせだろうと思っていたが、実際に私が初めてボールギャグを体験する女性に咬ますと、笑いだす女性が事実何人かいた。なぜなんだろうと思い、彼女達に聞いても特に理由はなく、自然に笑えたような答えが返ってくる。やはり恥ずかしさを隠すためなのだろうか?

Category: 猿轡

Theme: 【オリジナル画像】個人素人撮影

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

自作

 【22//2006】

口枷02

昔はボールギャグを自作したりしていた。自作といってもゴルフ練習用のプラスチックの球に紐を通しただけのものですが。安く出来るのは良いが、しっかりと口にくわえさせると頬っぺたに紐の痕がクッキリと残ってしまうことでした。

Category: 猿轡

Theme: 【オリジナル画像】個人素人撮影

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

口枷

 【21//2006】

口枷01

私にとって口枷はプレイする時の重要なアイテムの一つです。口枷には沢山の種類があります。大きく別けると、手ぬぐいやバンダナ等の布による被せ、咬ませの猿轡、ピンポン球のような大きさのボール状のものをくわえさせるボールギャグ、口を開けたままに固定する開口具、口を覆うようになっていて内側に柔らかな突起や擬似ペニスなどが着いているマウスギャグなどがあります。
その中でも私が一番好きでよく使用しているのがボールギャグです。なぜボールギャグが好きなのかは、フェチ的な部分も大きいのでおいおい画像と共に綴っていきたいと思います。

Category: 猿轡

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

手錠

 【20//2006】

手錠01

手錠02

手錠はとても機能的で便利な拘束具の一つだと思う。縄で縛るほどの拘束感はないが、素早く拘束でき、さらに後ろ手に手錠をすればかなり動きを封じることが出来るが、鍵ひとつで簡単に開錠することも出来る。しかし逆に言えばこの鍵が無ければこの拘束から人の力だけでは逃れることは不可能になるという緊張感もある。使用方法によってはとても危険な拘束具ではないでしょうか。
過去の経験から故障や怪我などの安全性を考えて私は実際に世界中の警察等で使用されている本物を使用しています。いろいろな種類があり、いつの間にか10個以上も所有してしまっている。

Category: 手錠

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

後ろ手縛りその2

 【19//2006】


後ろ手縛りが好きなのは私だけではなく、縛られる女性側も好きな方が多いと思います。事実、初めて縛られる女性でも後ろ手に縛られることを嫌がる人は少なくむしろ素直に手を後ろに回してくれる方が多いです。
以前、プレイも終盤になってきて、それまでずっと後ろ手縛りだったので疲れただろうと思い、前手にして縛ったところ、猿轡ごしに何かを訴えいるので、猿轡を外してやると「手が前だと縛られている気分がしなくてつまらないから後ろ手に縛り直して下さい」と言う言葉が返ってきたのです。縛られることが好きな女性も後ろ手縛りが好きなのだなと実感した時でもありました。

Category: 緊縛

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

初めての時

 【19//2006】

手枷

緊縛、拘束されることが初めての女性には、いきなり縄で縛ることはしない。まず手枷や手錠などで軽く拘束してみる。なぜなら緊張で硬くなっている場合が多いからである。
まぁいくら自ら進んでこの場に来ているにしろ、今から縛られ拘束され無抵抗な状態なると考えると、女性の立場からすると緊張するなと言う方が無理というものである。
なのでまず、手枷や手錠などで前手に拘束し、大丈夫そうならそのまま後ろ手にして、徐々に拘束されている感覚に慣れていってもらうようにしている。

Category: 革拘束具

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

後ろ姿

 【18//2006】

後ろ手縛り02

後ろ手縛りが好きな理由がもうひとつあります。それは後ろ手に交差して縛られた手首が力無くダラーと縄任せに垂れているところが好きです。これは理解していただけない部分かもしれませんね。

Category: 緊縛

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

後ろ手縛り

 【17//2006】

002

緊縛するとき、私はいつも後ろ手に縛ることが多い。後ろ手に縛ることで背筋が伸び胸を張ったとても良い姿勢になるからである。そして胸の上下に縄を巻き胸を持ち上げるように縛ると女性の象徴である乳房がとても綺麗に見えるのです。

Category: 緊縛

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

きっかけ

 【17//2006】

麻縄

幼いころから縛らた女性には興味があったような気がする。
時代劇のテレビなどでお姫さまや町娘などが悪者に捕まって縛られ猿轡などされている場面などになぜかドキドキしていたのを覚えています。
そして私が初めてSMやボンデージと言う言葉や世界を知ったのは中学二年のときでした。
今から20年程前になりますが今のようにインターネットなど無い時代、唯一の情報源は本、雑誌しかありませんでした。近所の小さな本屋で衝撃的な出会いでした。入口を入り正面に大きな本棚があり左側に単行本や週刊誌など一般的な本があり、右側には子供はあまり興味が無いような釣りやゴルフ、自動車雑誌などがあったような覚えがあります。そして父親に頼まれてとある自動車雑誌を買いに行った時に、ふっと目に留まったのが、背表紙に縛られた女性のイラストが描かれた「SMスピッツ」と言う本でした。店のおばさんに気付かれないように手に取りパラパラとめくっていくとそこには麻縄で縛られなんとも言えない表情をしている女性達の写真が沢山載っていました。私は頭をハンマーで殴られたかのような衝撃を受けたのを今でも覚えています。さすがにその場で買う勇気も無くその場を立ち去ったりましたが、脳裏に焼き付いた写真が忘れられず、数日後意を決して必要もない雑誌と共に購入しました。もう無我夢中で自宅に戻り自分の部屋で貧るように見ていました。それからは少ない小遣いを貯めて何冊も買っていました。縛られた女性の美しさ魅了される毎日でした。
そしてだんだんと女性を縛ってみたいという欲望に駆られましたが、冴えない高校生活を送っていた自分には彼女も無く、妄想やロープなどで自分の足などを縛ったりして来たる日の為に練習するしかありませんでした。そして初めて女性を縛るチャンスが来たのが高校三年の冬休みでした。初めて付き合った女性でした。軽く後ろ手に縛っただけでしたが感動的だった覚えがあります。その後二年以上に及ぶ付き合いでしたが、その間沢山縛ったり、手錠などの道具を購入してHをする時は必ず拘束していました。
しかし段々と何か違うのではないかと思うようになってきたのです。それはSEXとSMが別物ではないかと思い始めたのです。
そこであるきっかけで知ったのがアメリカンボンデージという世界だったのです。着衣のまま縛られ猿轡(ボールギャグ等)を噛まされひたすらもがいて、縄抜けしようとしている姿に、「これだ!」と思ったのでした。ここからが現在に至る私のスタイルの基本が出来たのだとおもっています。

Category: 自覚

Theme: SM

Genre: アダルト

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る